新卒者向け採用面接に向けての心構え

新卒者として採用面接を受ける場合、より良く自分を見せなければなりません。会社として利益になり得る人間であることをアピールするだけなく、今までの経験によって培われた自分を見せることが大切です。だから、緊張によって言葉に詰まり、言いたいことを言えない状況にならないように注意しましょう。その対策として、事前にどういう質問がされるのか予想しておき、その回答を準備しておくと良いです。さらに、すぐに自分の考えをまとめ、予想できなかった質問にすぐ答える練習も必要となります。後は身だしなみに注意し、第一印象を良く見せるようにしなければなりません。中身も大切ですが、外見にも気を使わなければ、一緒に働きたいと思われないので、鏡の前で身だしなみをチェックし、面接に臨みましょう。

どんな質問に対しても自信を持って回答しましょう

新卒者がどういう人間かを知るために、採用担当者はいろんな質問をします。なぜ志望したのか、何をしたいのか、今まで何をして来たのか、様々な質問をしてくるので、適切に回答することが必要です。このとき、緊張によって言葉に詰まる可能性があるので、時間があるときに面接の練習をしておくと良いでしょう。あるいは、第一志望とは別の企業の面接を受け、面接に慣れる方法もオススメです。数をこなしていれば、緊張せずに臨めるので、適切かつ迅速に回答できるでしょう。ここで注意ポイントとして、どんな質問に対しても、自信を持って回答するようにしなければなりません。自信を持って回答すれば、自分をしっかりアピールすることができ、他との人たちと差別化することになります。特別感が生まれ、印象に残りやすくなるので、『どう答えれば良いのか?』と不安にはならず、すべて自信を持って回答しましょう。

身だしなみに気を使って第一印象を良くする

採用担当者は、新卒者の第一印象を身だしなみで判断します。その第一印象が大切で、面接時に良く思われるか悪く思われるかが決まるでしょう。綺麗なスーツを使う、ピカピカの靴を履く、髪を整える、ネクタイをビシッと結ぶ、これらを鏡の前の確認し、身だしなみを完璧にしなければなりません。細かい部分にまで気を使える、人に会うことに注意を払っているなどと思われるので、良い第一印象となります。これによって採用担当者に良く思われている状態で面接が進み、どんどん興味を持ってくれるでしょう。『この人を知りたい』と思われやすくなるので、必ず身だしなみを面接前には整えておく必要があります。逆にだらしない場合、知りたいとは思われず、一緒に働きたいとも思われないでしょう。面接は短時間で自分を知ってもらわなければならないので、なるべく良い印象を持ってもらうように考えることが大切です。

設計、集客、トレーニング、採用に関わる全てをお手伝いします!まずは120分無料コンサルで。 学生の成長につながる無料セミナーを多数実施しています! 実際に採用活動に成功した成果の事例を一部ご紹介しています。 新卒採用から会社の組織を変革しましょう! 新規事業の人材紹介ラウンジ「Space Career」は各種メディアに取り上げられました!まずは120分無料コンサルで悩みをお聞かせください。 新卒の採用情報ならこちらから